手作り酵素日記 from 手作り酵素Labo

手作り酵素を通じて健康的な生活を探っていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

暑いです

「これだけ暑いと、手作り酵素の保存に困ります」


確かに今日は暑いですね。



ていうか、晴れたら夏日・・・


晴れなければジトジト・・・




家から体からカビが生えそうです(笑)






湿気があり、温度が高い。




カビの繁殖には持ってこいですね。




だから手作り酵素にもカビが生えやすくなります。






何かここ2,3年特にカビが生えたり味の変化がしやすい傾向にある気がするのですが・・・






カビが生えようが、味が変わろうが、沈澱しようが、手作り酵素は大丈夫です。



カビが生えない、味が変わらない、変質しない食品が今普通なので、





「カビのようなものが出たので捨てちゃいました」




たまにこういう方がいます。




しかしカビが生えない、味が変わらない、変質しないものというのは自然界ではとっても不自然なのです。




カビが生えないように殺菌し、味がかわりにくいように調味料を使い、変質しないようにPH剤などが使われています。


これが化学調味料の役割です。



手作りで作った味噌などはカビが生えます。自家製のぬか床は水が出たりします。




微生物が生きている証拠なんです。


つまり生物として食糧を得て、排泄しているのです。


簡単に言えば微生物ちゃんたちのウンチやおしっこ・・・・





こう書くととても汚い印象はぬぐえませんが・・・



この水が出て、あとガスが出て、変質したりする。




こういうものが本来の生きた食品の絶対条件です。



昔の人は今のようにたくさんの種類で、栄養素がたくさん含む豊富な食は食べていませんでした。


けれど、質素で、種類が少なくても、生きた食品があったのです。



逆に現代ではこういうものを食べていないから、その結果が今の病気などではないでしょうか。




生物は栄養素やカロリーで生きているわけではありません。








だから手作り酵素はカビが生え、味が変わり、変質するのが普通と考えましょう。



もちろん温度条件や住宅環境に左右されますので。絶対とは言い切れませんが。




逆に、ここに手作り酵素の真髄であり、手作りじゃないと出せないものと思ってます。





スポンサーサイト

手作り酵素のよくある疑問

Q、春の手作り酵素が10種類しか入れられなかったのですが、少ないですか?

A、話で「今回は○○種類採れた」とよく聞きます。しかし○種類以上だと合格。○種類以下だとダメなんてことはありませんからね。何やら入れた数の競争している人もいますが。。。

手作り酵素はその季節の、その土地で一番元気な植物を材料に利用します。もちろん種類が多いのにこしたことはありません。春よりも秋に多い傾向ですが、種類が少ないからと言って「○○産の無農薬を遠くから仕入れた」なんてことは逆に間違いです。輸送で日柄が経てば、鮮度が落ちて酵素も落ちます。だから「手に入る中でなるべく多くの種類」で十分なのです。だったら、一回で無理に集めず、何回かに分けて時期をずらせば自然と種類が増えます。春なら、3月終わり、4月上旬、4月中旬と作れば、一回の種類が少なくても、トータルで考えれば自然と種類が増えるのです。

…………………………………………………………………………………………………………

Q、秋の手作り酵素がまだ余っていますが、まだ飲んでも平気ですか?

A、秋は春のお彼岸まで(関東では)を目安に、春の手作り酵素ができ次第切り替えましょう。手作り酵素の基本は季節を守るということが大前提です。また、春の手作り酵素は秋の彼岸が目安です。残っても必ず切り替えましょう。これは飲む、塗る、野菜処理するなど用途全て同じことが言えます。


…………………………………………………………………………………………………………

Q、子供がバナナやオレンジが好きなので材料に入れたいのですが?


A、手作り酵素の材料は必ず季節のもので、国産で、身の回りに採れるものが原則です。関東の人なら関東のもの。だから北国と沖縄ではそれぞれ作る時期も入れるものも変わってきます。特に最近流行りでバナナをたくさん摂っている人がいますが、バナナは南国の食べ物です。南国に生まれて南国に過ごしている人を健康にする食べ物です。私は関東なので絶対に入れません。


…………………………………………………………………………………………………………

Q、カビのようなものが浮いてしまったので、もう使えませんか?

A、いいえ、カビが生えても使えます。むしろ生きた微生物の証拠です。昔ながらの手作り味噌は水が出たりカビが出てきても、それらをすくって食べていました。

手作り酵素も同様、使う時に再度濾せば問題ありません。

温暖化の影響なのか最近では夏を越す時に、どうしてもカビなどがでやすい状況のようです。また住宅環境の変化で、普通に作っても変わりやすい例が増えてきました。

置く場所は直射日光が当たらない、風通しがいい所が条件ですので”手作り酵素は味も見た目も変化するもの”と考えて保存するといいです


…………………………………………………………………………………………………………

Q、青梅の手作り酵素が美味しいので一年中味わっています。


A、青梅の手作り酵素はあくまで暑気払いと考えたほうがいいと思います。ですからうちも秋口までしか飲みません。

また、単品の手作り酵素はあくまで単品です。春の手作り酵素に30種類の材料が入れば、利用できる酵素も栄養素も単品では30分の1です。ですからあくまで”季節を楽しむためのもの”として単品は味わっています。基本的に飲む手作り酵素は春と秋のたくさんの材料で作る手作り酵素です。


…………………………………………………………………………………………………………

Q、小さな子供に飲ませても平気ですか?


A、全然平気です。乳幼児の頃から飲めます。うちでは母乳が足りない時、離乳期では食べ物があまり食べずにぐずる時などいろいろ重宝しています。他に母乳があげられずにミルクだけの場合で、ミルクより手作り酵素をたくさん飲ませた方もいるようです。ミルクには免疫物質が含まれませんので、おっぱいの代わりにママが手塩にかけて作った手作り酵素を飲ませるのはいいですよね。

ただ、あまりあげすぎると手作り酵素ばかりになってしまいます。子供にとって一番は固形の食事を摂ることです。これは噛むというのが歯や顎、脳にとって大事な行為ですから、食事とのバランスに気をつけたいところです。やっぱりご飯が一番ですからね。


…………………………………………………………………………………………………………

Q、仕込んだ手作り酵素がいつまでたっても泡が立たず、発酵しません!


A、うちで作っていて、泡ぶくぶくになったことはありません。むしろ泡ぶくになった時は酸っぱくて美味しくない時が多いですかね。何やら1か月とか毎日混ぜている方もいるようですが・・・

十勝均整社で指導している手作り酵素はそんなに置きません。5~7日で十分です。というかそれ以上置きません。泡というより気泡のようなのは、はじっこに浮いてきたりはしますが。何かどぶろくみたいなのを想像している人もいるみたいです。しかし、発酵=泡ぶくではありません。お味噌や糠漬けなどの漬けものは泡ぶくなんてなりませんよね?(というか泡ぶくになる方が少ないと思います)どういう状態でも5~7日で濾しましょう。


…………………………………………………………………………………………………………

Q、手作り酵素を飲み始めて、体にあまり変化が見られませんが?


A、薬ではないので、劇的な変化が期待できるとは思えません。ただ、こういった方に共通するのは「体が冷えている」ということです。せっかく手間暇かけて作った手作り酵素はしっかり働ける体内環境を整えなければなりません。

例えば、ガソリンを入れて、入れた分だけ走れば燃費がいいですね。それが入れた分だけ走れないと燃費が悪く、燃えカスがいっぱい出ます。体が冷えていると、どれだけ食事に気をつけてようが、手作り酵素を飲もうが、体内に入っても燃費が悪くて働けないんです。その一番の原因が「体の冷え」であり「低体温」です。極端に考えれば、単純な肩こり・腰痛から何か病気を患っている人はどこかしらに冷えが存在すると言っていいかも知れません。必ず体を温めること、冷やさないことを実践しなければ、燃費のいいエコな体にはならないでしょう。

(きっと、燃えカスが糖なら糖尿病、脂肪なら高脂血症って考えるとわかりやすいですね)


…………………………………………………………………………………………………………

Q、手作り酵素はペットに飲ませても平気ですか?


A、平気ですよ。ただ薄く割って様子を見てあげるといいかもしれませんね。最近ではペットも人間と同じような病気にかかっています。人間と同じで加熱された加工食品(ペットフード)しか食べないと同じに病気になるんですね。とてもかわいそうです。自然にある非加熱な手作り酵素はペットもとっても喜びますよ。


…………………………………………………………………………………………………………

Q、できた手作り酵素が冷蔵庫に入りきりません!


A、10キロの材料でできる手作り酵素は6升から7升(11キロ~13キロ)です。普通の家庭用冷蔵庫ではまず入りません。もし入れても他の野菜たちが入れる場所がなくなってしまいます。

手作り酵素は冷蔵庫に入れないとだめになるわけではありません。沖縄だって作っています。全部入りきらなかったら、色つきの瓶で直射日光の当たらない、できるだけ風通しがいい所におけば大丈夫です。もちろんこの場合冷蔵庫よりも変質したり、味が変わりやすいことを覚えておいてください。ただ、発酵させるので、日持ちは十分します。夏を越すのが心配だったり、マンションの方は入りきらない分から飲めば、夏の一番熱い時に冷蔵庫の中のものを飲み始められるかと思います。









ま、わからない時は基本的長年作っているベテランさんに聞いた方が間違いないですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。